• よろこばれることに、よろこびを

太郎布(たらぶ)高原・アザキ大根の花畑

太郎布高原など奥会津の一部で栽培される、
アザキ大根の花が5月中旬から見頃を迎えます。

沼沢湖の南西に広がる太郎布高原では、
初夏の爽やかな風が流れるなか、大根が一斉に花を咲かせ、
約10haに及ぶ大地一面を薄紫色に染め上げます。

強い辛みが特徴のアザキ大根は、硬く水気も少ないことから、
「大根に似ているが食べられず、人をあざむく大根だ」といのが、
その名の由来ともいわれ。
蕎麦どころでもある、奥会津では「高遠そば」として、
大根を搾り蕎麦のだし汁に混ぜるなどして食べられています。

薄紫色の大地をご覧になったあとには、
鏡のように湖面に新緑を映し出す沼沢湖を、
そして香り高い奥会津名物の蕎麦をお楽しみください♪