• よろこばれることに、よろこびを

大内宿雪まつりが開催されます♪

江戸時代の宿場町の姿がそのままに残る大内宿は、
国重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、
茅葺屋根が連なる町並みとともに、
夏には半夏まつり、冬には雪まつりと伝統の祭りも今に伝え残しています。

2月9日(土)から10日(日)には雪まつりが開催されます。
9日の夕方には「御神火戴火」が行なわれ、
神前で清められた下帯姿の男衆が祭壇から御神火を頂き、
宿場内に建てられた雪燈籠に一つひとつ火を入れてまわり、
雪燈籠が白く覆われた宿場の姿を幻想的に照らし出します。
夜には花火が打ち上げられ、静寂に包まれた闇夜に大輪の花が咲き誇ります♪

その他、よさこいや民謡ショー、大川渓流太鼓演奏、
そば食い競争などのイベント、甘酒や肉汁などの振舞いもあり、
雪燈籠やかまくらに彩られた、
雪国ならではのおもてなしをお楽しみいただけます。

◎大内宿 雪まつり◎
日時:2月9日(土)~10日(日)
場所:下郷町 大内宿
アクセス:当館からお車で約20分
お問合せ:大内宿観光協会 0241-68-3611