• よろこばれることに、よろこびを

【coolあいづ】漆器の魅力を再発見!漆器工房鈴武⑤

「安全な器」
漆器について取材に伺い鈴木氏が最初に話し出したのは、
その塗りや蒔絵の芸術性や技術力の高さではなく、その安全性についてだった。

burogu5

木地には天然木や合成樹脂やガラスなど、塗りには天然漆から科学塗料まで、
今漆器はさまざまな形で存在するようになった。
天然木に天然漆を施したもののみしか存在しなかった時代から現代へ、
変化のなかで生み出された新しい「漆器」
それは豊かさと共に新たな問題を生み出すこととなった。

経済と科学の発展の中で生まれた「漆器」と昔から受け継がれた「本物の漆器」。
ひとくくりに漆器だがその違いは大きい。

メリットとデメリットを含んだ「漆器」と「本物漆器」の違い。
そこに彼は何を見つめ何を伝えようとしているのだろうか。

【coolあいづ】漆器を通して会津の魅力を発掘中です。

coolあいづ:会津のかっこいい!はここに生きる人の中にある。
また会いたくなる会津のcoolを紹介しています。

burogu5-2