• よろこばれることに、よろこびを

★会津彼岸獅子★お囃子の音色に芽吹きの春を感じます

春のお彼岸の頃、会津各地では家内安全や五穀豊穣を願い、
練り歩く「会津彼岸獅子舞」の笛や太鼓の音が聞こえてきます。

「会津彼岸獅子舞」は、太夫・雌獅子・雄獅子の獅子頭をかぶった三体一組の獅子が、お囃子に合わせ、お腹の太鼓(鞨鼓・かっこ)を打ち鳴らし、軽妙に舞い踊る獅子舞です。

地域によって「東山天寧」「川南小松」「下柴」「荒久田」「猪苗代西久保」「大和田」「赤枝」などと獅子舞団の呼称があり、それぞれに所作、獅子の衣装の紋様など異なります。

舞い手の条件も厳格に定める地域もあり、その独特な衣装と古式ゆかしい舞の所作には、地域ごとに守り受け継がれてきた伝統文化の粋が凝縮されています。

会津若松市の指定重要無形民俗文化財にも指定される伝統行事です。

「会津彼岸獅子舞」が春分の日に鶴ヶ城を中心に市内を練り歩きます。
春の訪れの喜び☆ご相伴にあずかりたいですね♪

——————————————
日時:3月21日(金)10:30~16:00 
場所:市内各所の開催場所を巡回
   鶴ヶ城本丸前、市役所前、阿弥陀寺
   ほか市内各所
——————————————
画像:会津若松観光物産協会HPより

★丸峰 女将のおすすめプラン♪
会津塗箸プレゼント♪自慢の彩り會席をMy箸で堪能