• よろこばれることに、よろこびを

卯月★料理長おすすめ懐石 その1

季節感を大切に、旬の食材にこだわり仕上げた「料理長おすすめ懐石」
卯月のお献立の一部をご紹介します。

※その時々、旬を迎えた食材の良いところを選び献立を考えるため、
  内容が変わることがあります、あらかじめご了承ください。

●煮物椀:薄葛仕立て
蓬をたっぷりと練り込んだ真蒸は、蓬特有の若草の香りと魚の旨みがふんだんに、
蕨のトロリとした食感楽しく、三つ葉と木の芽の爽やかな香り良く、
まだ肌寒さの残る季節、本葛でとろみをつけた鰹のきいた上品な出汁が、
身体をじんわりと温めてくれる一品です。


●焼肴:桜鱒木の芽焼き
この季節、川魚・ヤマメの降海型である桜鱒は海でたっぷりと栄養を蓄え、
産卵のため生まれた川へと遡上します。
ダムや河川の開発により桜鱒は激減し「幻の高級魚」とも言われ、
養殖物とは違い、海の生き物を食べ育つため臭みがなく、
遡上前に河口でしばらく冷たい雪解け水に身を慣らすため引き締まり、
脂をしっかりと蓄えながらもあっさりとした味わいに。
そんな旬を迎えた桜鱒を甘みあるタレで焼き上げました、
表面はタレが芳ばしく身はホロホロと解けるほど柔らかく、
天然ならではの上品な味わいが広がります。
木の芽の香りがほんのり爽やかに、皮までも美味しく味わえる一品です。


●預鉢:会津グリーンアスパラ牛肉巻き鍬焼き
会津の特産品でもある「会津グリーンアスパラ」、寒暖差の大きい環境のなか、
露地で育ったアスパラは甘み豊かに柔らかく、ビタミンも豊富。
牛肉で巻いたアスパラはシャキッとした食感と共に甘みある水分が広がり、
牛肉の旨みと甘みあるタレの濃厚な味わいが、アスパラの爽やか甘みを引き立てます。
添え物の、筍土佐煮は柔らかく出汁をたっぷりと含み、
うすい豆の葛寄せはあっさりと食感良く、
それぞれの味わいが際立ちながらも見事に調和する一品です。

旬を迎えた山の幸と海の幸、素材の味わい引き立て一品一品仕上げました。
一期一会の季節の味わいをお楽しみください♪

女将のおすすめプラン
旬を味わう料理長おすすめ懐石★露天風呂付客室で温泉と季節を満喫♪